京都妙心寺と大野佐渡守定長、大野修理大夫治長

京都妙心寺の塔頭、雑華院さんに大野佐渡守定長と大蔵卿局夫妻もしくは大野修理大夫治長と妻南陽院夫妻の供養塔があります。なぜわかるのかと言えばご住職が大野治長夫妻の供養塔と仰せだったからです。400年近くも代々のご住職に引き継がれてきたのでしょう。雑華院過去帳には大野定長夫妻と大野治長夫妻の法名が記されていますので、どちらかの供養塔であろうと考えられます。私の推測では、利休七哲の一人であり、豊臣秀吉公の馬廻りであった牧村兵部利貞の弟である一宙東黙が雑華院の開山なので、お茶や馬廻りの役割を通して交流のあった牧村利貞の弟に、治長が父親の大野佐渡守定長の供養を依頼したのかなと考えております。ちなみに、雑華院さん周辺の寺院はほとんど近江や尾張、美濃出身者の菩提寺ですので、大野佐渡守定長の供養塔であろうと大野修理大夫治長の供養塔であろうと、大野氏は尾張出身と私は考えるところであります。雑華院さんは非公開寺院でございますので、ご了承下さい。

 

f:id:to16151003:20170124125823p:plain

真田幸村と大野治長

大野治長大坂冬の陣の際に、真田信繁の城から出る作戦を却下したと言われています。信繁が真田丸を築いた際には信繁の陣の後方に兵を配置し、信繁が大坂城に攻め込んできた場合の対応をしていたとも言われています。信繁から見れば、さぞやりにくかったことでしょう。真田丸の後方に兵を配置したのは、兄の真田信幸が徳川方である以上やむをえないと考えられます。
しかし、二人は秀吉公の元御馬廻衆であり昔から見知った間柄であるはずであり、治長は右大臣秀頼公の直臣でもあるので、治長の考えが採用されても仕方のないことです。真田幸村を軽く扱ったということでは決してないはずです。
真田信繁豊臣秀吉の重臣大谷吉継の娘を妻としておりました。妻の父である大谷吉継関ケ原の戦いで西軍の大将でした。そのような背景もあり、何としても徳川家康を倒したいという思いがあったのでしょう。夏の陣では徳川家康の本陣まで迫り、家康を敗走させました。その戦いぶりを薩摩の島津氏は「真田 日本一の兵 いにしえよりの物語にもこれなき由」と称賛しています。
圧倒的な不利でも信念で戦い通した真田信繁(幸村)は、現在だけでなく江戸時代から人々の関心を集めていました。

真田丸総集編 真田幸村(信繁)と大野治長、豊臣秀吉の御馬廻衆

真田丸の総集編を見て、真田幸村大野治長も最初は共に秀吉公の御馬廻衆なので、実は両者はある程度仲が良かったのではないかと思いました。大坂の陣の際は、中には大野治長の下では働きたくないと大坂方での参戦を見送った武将もいるようであり、幸村が九度山から大坂城に到着して、最初に山伏姿で大野治長の屋敷を訪れたとの逸話も残ってますので、昔の仕事仲間という感じがしました。

大野治長と丹後大野城址

大野治長は一万五千石ほどの所領を有していたと伝えられており、領地については京都府京丹後市大宮町にある大野神社境内のあたりではないかと推測されています。大宮町の案内板によると、「当地は、豊臣家の武将大野治長、父大野道犬ら大野一族の出生地である。天正17年(1589)豊臣秀吉は大野道犬の武功と、その妻大蔵局が淀君の乳母であった労に報い、和泉佐野と当大野で壱万石余を与え、当地(現大野神社境内)に居城を築き、側近の大野道犬を代官として赴任させた。この間、郷土大野村付近一帯において近世発展の基盤となる広大な大野河原の開拓等を行った。道犬は文禄元年征韓の役に出陣し勇名を轟かせるなど秀吉の家臣として活躍。元和元年大坂夏の陣におい て、道犬の子、治長、治房らは豊臣秀頼淀君母子を守り家康との大軍と戦ったが、武運つたなく一族すべて豊臣家に殉じた。」と記されています。私の見解といたしましては、大野治長の父は大野佐渡守定長であり、理由は愛知県の津島神社に大野佐渡守が送った書状が残っているからでして、尾濃村由緒留という史料にも大野氏の系図が掲載されているからです。
愛知県一宮市大野城
http://sakuraoffice.com/ounozyou.html
大野治長の父、大野佐渡守定長が豊臣鶴松の病気平癒の祈願を尾張津島神社に依頼したと思われる書状。
 
貴札令拝見候如仰先度は色々御馳走令祝着候然者 若君
様之御まほり給候早々持せ上申へく候御陣前ハ隙有間敷
候間御留守ニ参候て可申入候京より御まほりの御禮ある
へく候何様以面具可申入候恐々謹言
 六月廿七日        大佐(大野佐渡守)
                     玄三(花押)
 右馬大夫殿(津島神主)
          貴報          (張州雑志より)
尾張津島神社
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B4%A5%E5%B3%B6%E7%A5%9E%E7%A4%BE

秀吉公の側近に大野道犬という武将が存在していたかどうかについては、当時の史料にはそのような武将はおりません。
征韓の役に道犬が出陣したという事については、名護屋城本丸の側に大野治長陣跡が存在していたとの記録がありますので、道犬ではなく大野治長が征韓の役に出陣したと考えられます。
 
名護屋城大野治長陣跡
http://www.k3.dion.ne.jp/~tnk/01siro/hizen-nagoya/hizen-nagoya.html
http://xantosiro.atumari.net/qsg04
大野道犬ではなく大野修理治長が壱万石余を有していて、大野村付近で近世発展の基盤となる広大な開拓等を行ったとするならば、治長の領地経営の一つの功績なのでしう。
 
現在は京都の自然200選になっています。http://www.pref.kyoto.jp/select200/historical02.html
大野氏と神社仏閣については、治長の弟、大野治房が豊臣秀頼公に命じられ、代官川村久米を普請奉行として、建立した大阪の長慶寺があります。http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%95%B7%E6%85%B6%E5%AF%BA_(%E6%B3%89%E5%8D%97%E5%B8%82)
大野治長については、藤原氏氏神である京都吉田神社の斎場所大元宮の正遷宮に勅使、烏丸光広と参列したり、豊国祭に豊臣秀頼公の名代として参列したというものがあります。

文化人大野修理大夫治長

淀殿豊臣秀頼公の側近として知られる大野治長には文化人的な面があり、大名茶人として千利休の高弟のなかでも有名な古田織部正重然の弟子であったようです。
織部茶会記によると

慶長十三年正月七日朝
御門跡様、大野修理殿、少二法印、宗円(春屋宗園)と。
 
春屋宗園・・・大徳寺111世住持、塔頭三玄院、龍光院などを建立。古田織部小堀遠州などの参禅の師
 
慶長十五年十二月二十七日昼
大修理殿(大野修理大夫治長)、桑伊賀殿(桑山伊賀守元晴)、同与兵門殿、土方丹後殿(土方丹後守雄氏)
慶長十六年正月七日昼
大相模殿、浅弾正殿、鳥左京殿、酒左衛門尉殿、岡太郎左殿、神五兵衛殿、阿備中殿、竹伊豆殿、大 修理殿、桑伊賀殿、嶋次兵殿
織田有楽斎の茶湯日記である有楽亭茶湯日記によると
慶長十六年三月十九日朝
伊藤丹後 堀田図書 大野修
慶長十七年七月十日晩
大野壱岐守 赤尾三行 □斎
慶長十七年十月十ニ日昼
福富兵部 大野主馬 丹羽勘解由
慶長十八年正月十一日昼
片桐市正 大野修理 伊藤丹後
慶長十八年六月十六日昼
道ヒ 大野修理 石川肥後
慶長十八年七月十一日朝
大野壱岐守 佐竹良順 津田小平治
慶長十九年ニ月二十日朝
片桐市正 大野修理 速水甲斐守
慶長十九年五月十五日昼
新庄東玉 大野修理 木村長門
慶長十九年七月十一日朝
大野壱岐守 赤坐三右エ門 槙原八蔵
慶長十八年九月二十七日 秀頼公天満へ御成
御相伴 大野修理 武野紹鴎の子宗瓦
武野紹鴎・・・堺の商人、茶人
 
大阪城天守閣が発行した「秀吉と桃山文化」には東本願寺の第十二代法主教如から茶会に招かれたことへの治長の自筆と思われる礼状も記載されており、治長の茶会を通しての交流を知ることができます。
 
         以上
重而尊書忝
存候、御座敷出
来仕候由、近日
罷上御茶可被下候、
猶期貴面候、恐惶
謹言
                         大野修理大夫
       十月九日              治長  (花押)
          信門主
                     尊報
                            
 
また弟の大野主馬首治房についても茶人 であり
 
慶長十八年九月ニ口切ニ参り候へとも留不見候
御門跡様、大野主馬殿、少二法印、徳安、道越と重而留を見出書可候。以上。
(織部茶会記)
 
とあり古伊賀水差「破れ袋」(重要文化財)についての古田織部から大野治房に送った書状の内容なども残っておりますので、治房の茶人としての一面も知ることができます。
 
   已上
 内々御約束之伊賀焼之水指令進入候。今後、是程のものなく候間、如此候。大ひび
 きれ一種候か。かんにん可成と存候。猶、様子御使に申渡候。恐惶謹言。
   霜月二日              古織部             
  大主馬様 人々御中            (花押)
 
公家や御門跡等の日記に記され た大野治長
 
慶長七年十二月二十四日
京都吉田神社の斎場所大元宮(重要文化財)正遷宮のため
豊臣秀頼公、名代として大野修理を遣わす。
また勅使烏丸光広従四位下蔵人頭後の正二位行権大納言)参詣し、束帯を奉納する。(舜旧記)
 
吉田神社・・・859年藤原山陰が一門の氏神として奈良の春日大社四座の神を勧請したのに始まり、平安における藤原氏全体の崇敬を受けるようになった。
 
慶長八年十一月二十日
大野修理大夫、義演に植木の柏と樅(もみ)の木を所望する    (義演准后日記)
 
慶長八年十一月二十五日
義演、大野修理大夫へ所望された柏木を十二本贈る        (義演准后日記)
 
義演・ ・・醍醐寺第80代座主、東寺長者。足利幕府15代将軍足利義昭の猶子
 
治長は、義演から贈られた柏木を庭木として利用したのかどうかわからないですが、仮にも茶室の庭木として利用した場合には、茶人大野治長のひとつの趣向かも知れまん。大坂冬の陣の講和の後に織田有楽の屋敷と大野修理の屋敷が壊され、その木材等で堀を埋め立てたと伝えられており、屋敷と共に治長の趣向を凝らしたであろう茶室が無残にも壊され、治長らが抗議をしても面会すらしなかったようなので、なんという集団なのかと思わずにはいられません。

慶長十二年四月十八日
辰刻、豊国祭のため豊臣秀頼公の名代として大野修理が装束姿にて豊国社を参詣する。
午後、勅使として西三条実条(従三位中納言)が装束にて参向する。       (舜旧記)

慶長十三年四月十八日
豊国祭につき、豊臣秀頼公の名代として大野修理が辰刻に豊国社に参詣する。
また、勅使として大炊御門経頼(従二位権大納言)が巳刻すぎに参詣する。    (舜旧記)
 

大野治長の出身

大野治長の出身については、丹後説や尾張説、近江説が今のところ有力なようですが、私は尾張説と考えております。尾濃村由緒留という本に詳細が書かれておりまして、全面的に全てその通りとすることはできないですが、ある程度の信長公から秀吉公に時代が移りつつある中での参考とはなると思います。
官位についても従五位下とか、従四位下とか諸説あります。わからない事も多いながら少しでも大野治長について知っている事を書いて行きたいと考えております。
尾濃村由緒留によると治長の祖父は大野伊賀守治定と言い、石清水八幡宮の祠官家出身とあり弟との家権争いに敗れ濃州宮地村へ退去したところ、織田信長公に召され尾州葉栗郡大野村に八町四方の屋敷 城を賜ったとあります。
伊賀守治定の妻は尾関佐渡守の女とあり、尾関佐渡守とは福島正則の家老、尾関石見守正勝の父親です。確か関が原の合戦時は治長は福島正則の軍で戦ったはずなので、尾関氏に協力を依頼したのかも知れません。
そして、治長の父は大野佐渡守定長で定長の外祖父である尾関佐渡守から佐渡守を譲られたとあります。佐渡守定長の妻が淀殿の乳母大蔵卿局でその子が修理大夫治長です。淀殿の乳母大蔵卿局尾張出身か近江出身か今のところわからないですが、佐渡守定長は信長公の妹、お市の方に随伴し近江の浅井長政公の居城、小谷城で妻の大蔵卿局とともに活動していたと推測します。尾濃村由緒留によると、佐渡守定長は太閤に仕え、近江に領地を下されたとありま す。そして、佐渡守定長はお市の方に随伴し小谷城で活動していたと推測されます。このあたりから治長の近江出身説が出てくるのでしょうか。
佐渡守定長の弟に尾関源内という人物がいて、大野でなく母方の尾関を名乗り、柴内合戦の時太閤より馬を下されたが、近江の横山にて討ち死にとあります。尾関源内の弟が大野才兵衛治久で、佐渡守定長や修理大夫治長が尾張から去った後の大野家を引き継いでいます。しかしながら治久は、太閤と家康が戦った小牧長久手の戦いの際に、秀吉軍が治久の領地内に治久に無断で堀を作ったために秀吉軍に発砲し、工事を止めたため領地没収の上太閤と秀頼公の二代の勘当となり、大坂の一門の者達とも音信不通となったと尾濃村由緒留に記されております。才兵 衛治久の弟に尾関右馬之助という人物がおり、近江の横山にて亡くなった兄源内の子となり太閤に召し出され小姓役を勤めていたが、高麗の陣の際、目付として蜂須賀法印に付属し帰陣の際に蜂須賀法印に頼られ三千八百石にて河州に仕えるとあります。
よく治長は母の大蔵卿局淀殿の乳母であるために太閤の馬廻りとして取立てられたとありますが、尾濃村由緒留によれば、尾関右馬之助が太閤の小姓を勤めるなど大野氏は比較的に太閤の側に仕えていたようです。
尾濃村由緒留の内容が全て正しいとは言えませんが、治長の父大野佐渡守定長が太閤の子鶴松が病気になった際に、尾張津島神社に祈願を依頼したと思われる書状が残っているなどのことから治長の尾張出身説を私が唱えるもので あります。
貴札令拝見候如仰先度は色々御馳走令祝着候然者 若君
様之御まほり給候早々持せ上申へく候御陣前ハ隙有間敷
候間御留守ニ参候て可申入候京より御まほりの御禮ある
へく候何様以面具可申入候恐々謹言
 六月廿七日          大佐(大野佐渡守)
                    玄 三(花押)   
    右馬大夫殿(津島神主)
          貴報               (張州雑志より)
丹後国丹後郡大野村出身説については、私の考えとしては大野治長の領地ではなかったのかと思います。従四位下もしくは従五位下修理大夫の官位と官途を有し、大野一族の中で最も有名な治長が どこにも領地がない事自体不自然なので、尾張出身で領地の一部は丹後にあったと考えます。
大野佐渡守定長が、丹後出身であるという説につきましては、もしそうなら丹後大野城周辺に大野氏の菩提寺があってもよさそうですが、菩提寺はないですし、近江の浅井氏と尾張織田信長公の妹お市の方の長女、淀殿の乳母大蔵卿局が、なぜ地理的に離れた丹後の佐渡守定長の妻になるのかもよく理解できないところです。私といたしましては、大野佐渡守定長は尾張出身と考えたほうが、説明がつきやすいと考えております。
大野一族の中に「道犬」という名がよく出てきます。時には治長の父親であったり、時には治長の二番目の弟、治胤の号であったりします。丹後大野城については豊臣秀吉が大 野道犬と妻の大蔵卿局に一万石を与え、大野道犬が城を建てたという説があるようです。通常であれば、石高が一万石ほどの武家になると大野~守道犬などと当時の史料に出てくるはずですが、そのような武士は全く出て来ません。名前が出てくるのは大野治長の方です。そして治長の祖父が子である治長の父に道の犬などという名を付けるかといえば、付けないと考えておりますので治長の父が大野道犬という説は誤りであると考えております。治長の二番目の弟、治胤の号であるという説については、加藤國光氏が書かれた「尾張群書系図部集」に道見(道犬)と記されておりますので、三男治胤が茶人としての号として「道見」と名乗っていたのではないでしょうか。当時の大野氏は、上記にある通り大名や大 名に準じるような武家等と茶会を通して交流しており、そのような場で道犬(道の犬)と名乗るのもどうかと思われますので、三男治胤の茶人としての号が「道見」であると私は考えております。                                                                                                                                                                                    敬称がついてない方は敬称略

大野治長と京丹後市大野神社

大野治長といえば大坂城のイメージがありますが、治長の領地と伝わる京都府京丹後市大宮町にある大野神社も治長に関する場所の一つです。